忍者ブログ

niunius

顔に漂って薄く

歩いているうちに疲れた、そして遠かったか。私を見上げるの前で、屈曲の山道)沿いの烏色の渓石の上で、透明な水が流れていて、石の前に静かに吐呑「とどん」の花を咲いてきらきらして、澄みきった见、水面下での砂石。その本詩経は今や、わびしげになって、私は胸の前で、それは触っを包まれフィットする服でアタシの体温を铭记して、同じくただそれと連中鱼寄り添ってました。
その时、私は毎日、壁が流出するのでさえをうろうろして、期待しているなか、夢にもう一度から聞こえてきた。その揺り动かすことが私の心の笑い、覚えていないくらいを闻かないときは、笑いを、懐かしさが流れた。でも私は毎日待つ、が无いですが、もうなくなったので、それは確かに一時的な笑い声が聞こえないし、私は、时间に私の魂に抑留したのはその壁の中にいます。
記憶している。こんな晴れた夜、青黒く空の里を首には1曲浅月、清濯濯淸だったのです。秋風の吹きの人間の世界で、嗚咽でぐるぐる回って、私は昔のふりをしてから、前になって、孤灯ポットほど、その清溪畔に行きたいと思って、そういう意味し小舟よ、横になって、见て濯濯舟里の月、闻いて浅いせせらぎを下っていき、行ってますこのふざけた人生だった。不意に、ただチラリと、塀の中、落ちくぼんだて入った小さな狭い門の中には、ある场所に出てきた少女が、青衣を绾简単な髪饰り、滝のように腰の垂に、典子はきわめて慎重だ。だが、その隙间に抜けて、軽く合を閉めた。それから裾を振ると、その灰色の階段を降りてから、目の前で頭を下げた垂下来、顔に漂って薄く笑いは、彼女の!长年会わないで、は変わってしまったのだけれど、それでも一目で確認して出てきた。
私は灭する灯火を见ていて、影の下の彼女が、塀の外をながめてかすかにつきあえように、丈量塀の长さをふりかえりながら水のようだ、血を流すは彼女の姿から、青いぼろに迷惑をかけ、1階の白い綺麗だった。彼女は目を伏せるわけにはいかないと彼女を见てきたかと思ったら、私の後ろに隠れて窓窓格子の裏に、壁にもたれて、ほんとに、そう思っているみたいに強盗が恐ろしかっ彼女は私を見たという惨憺なする様子を見せた。
順子さんにまで歩いていき、一カ所に足を止め、しげしげとの顔を見た。そこには、高い壁に垂れている鬱蒼とした青藤、ビリジャンの滝で、てからでは、星に点々の白い花だ。彼女はあとで、彼女は中に入りこんで予定されて青藤络みで身を仰いで、顔ははっきりしてるの夜空に浮かんでき苦痛形になっていった。あ!その笑い声は彼女のわけではない。自分は私よりした経験のある幸せだった。重ねて、记忆の中で、私はすごくのが见えました、荆棘丛に溺れて少女に閉じ込められた繁密のイバラの中に、自由にできないようであればあるほど苦しんだが、その尖っのとげますますのご飞監察チームの中で、私ははっきりしてるのも忘れてとげの深いに挂けて彼女の真っ白な肌に、赤い色の血をふき、まるで壁にそれに一本の数を増やしている红杏燃やすながら、アタシの目を見た。
私はそれを見ながら、一口啜っているほどの饮、酒は辛い、苦いもののだならば、私のまで浸水するそこで、心の中饱蘸た苦い酒、監獄に点々と沈んでしまった。それは一滴涙ですか?彼女の目が輝いているへ戻ると、彼女が1粒のあめ、奥歯にもののはさまった口に放り込み、幼い時彼女は私とおっしゃってましたが、彼女は好まない飴をこわす歯がありません。ただ、生活苦しく、口の中でも苦くて、生活の中の苦い変えることはできず、変えてみるしかない猿ぐつわを苦に入った、と口の中では碧甘い匂い、自分に强く生きてるのだ。その时、亲はまだ覚えている、隣にいたあの広い部屋の中に、私、杏木の下で、拾捡と落ちた杏だ」とし、「今後の母が付きまとってモチ、急に见えて红绸のような花、海で覆われていた黒の幹に、不思議そうな顔をした彼女は、愁苦浅黒い顔に染まっていた杏の頬を紅潮させた。私と同じくらいの年齢見え、彼女に目を向けたアタシを見て、ごく恐ろしかった様子だが、ハッフルパフへたり込んだ。母は、彼女は二妈拾っての养女と、二人のおかあさんの世話をしていた金止墨氏は二お母さんの準備をしている父親に赠りのプレゼントだ。
そこへ氏の人が来たので、ひとつ緋色の提灯ではないが、この深い黒の夜、遠くに迫っていた灘移動の血で近いが、氏の声がして、どのようにして、どのように闻いてみたいな真夜中の音が风里来あ然とし、ため息をついて帰って、いつまでもいつまでも出した溶け込んだ。彼女はあきらめたあの提灯をのぞきこむと、裾を振ると、不本意なもぐりこんでその黒いことに経営門の中に行ってしまうと、僕の酒を饮むことになって、提灯の間の油の上には、氷のように冷たいです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R