忍者ブログ

niunius

親孝行な息子であ

馴染みのない遠方の市での、一人暮らしである膠原自生

22歳だから、早過ぎも遅過ぎもしないのだが、
いよいよ親元を離れて、自分の人生を歩んでいくかと思うと、感無量だ。

生まれてから今まで、充分、親孝行な息子であった。
楽しく明るく優しい性格に、どれほど家族が救われたか知れない。

 残り半年ほどで、もうすぐ、手の届かない遠くへ行ってしまうのだなぁ。

長女を産んだ25年前からずっとreenex cps
私の周りを当然のように包んでくれていた、幸せな温かさ。
それが、いよいよ変わってゆくのを感じる。
これが、人生なのだと思う。

空気のように在って当たり前だと思っていたものが、実は得難く、本当に大切なものだったと、きっと後になるほど分かるのだろう。

長男の未来は、長男自身のもの。
就職先で仕事が順調な上、良い出会いに恵まれたなら、遠方の市で家庭を持ち、永住することも充分あり得る。
だが、それが長男にとって最も幸せなことなら、それでいいのだreenex cps
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R