忍者ブログ

niunius

野球が大好き

宮内「いえ、僕はこうして離れてみんなの姿を見て、しみじみと嬉しさをかみしめているんです。」
宮内さんは子供のころから野球が大好きな人で、いつかはプロ野球のオーナーになることを夢見ていたそうです。
このときの宮内さんの心境は、ついにここまで来れたかという思いに、静かに浸りたかったのかもしれません。

その宮内さんも今やご高齢で、オリックスという親企業集団も、新社長を迎え、新たな出発をされました肌膚評估系統
実はこの新社長は、球団に対し厳しい発言を繰り返してきた方。
この方が企業トップになられることは、おのずとチームにも何らかの影響を及ぼすのではないか?と
経済紙は伝えていたようです。
当面、球団社長には宮内さんが留任されるようですが、やはり何らかの結果をださなければ、
このご時世、球団の淘汰、身売りといったふるいにかけられることは必定ではないでしょうか。

ここ数年、オリックス・バファローズはチームの低迷もからも、観客動員の低迷に苦しんできました日本自由行
本拠地は京セラドーム(大阪ドーム)という立地にも恵まれながらも、酷いものでした。
ただ、オリックス球団も黙って指をくわえているのではなく、
ありとあらゆる工夫と営業サイドの懸命な努力で、
なんとか観客サービスに務めていることは、私たちもひしひしと感じます。
こんなに必死になっているんだし、もっとお客さんが来てくれることを私たちも願うばかりです。

ただ、いかんせんチームの成績が振るいません。それがここ数年の有り様でしたが、
とうとう、先にも申しましたとおり、経営トップの厳しい目が向けられようといています。
このままでは、まさに「青島製作所」のように“廃部”の危機なのです。

ドラマを視ていらっしゃった方はご存じのとおり、そんな青島製作所・野球部であっても、
同社の会長(創業者)も、社長もチームを心から愛しています。それでも廃部の危機でした。
オリックスも、宮内さんの個人的な思いと、経営サイドの現実的なジャッジは別の判断になります。
この崖っぷちの状況は、今のオリックス・バファローズそのものなのです。

今シーズンのチームスローガンは、「さらにひとつになろう」。
これまでも、合併球団ゆえの「ひとつになる」「一丸」といったフレーズは並んでいましたが、
今年はまさに「さらに」というところに、チームの置かれた事情と、それに対する絶対的な決意を感じざるを得ません脫髮治療
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R